登録されたマイクリニックがありません。
マイクリニックの登録は、各クリニックの詳細ページにある「マイクリニックに追加する」ボタンをクリックしてください。

名古屋市緑区岡田内科クリニック

岡田内科クリニック
マイクリニックに追加

内科 小児科 糖尿病内科

愛知県名古屋市緑区六田1丁目324

電話番号052-621-6666

基本情報

診療時間

院長の紹介

院内の案内

糖尿病教室

☆お知らせ☆

第259回 糖尿病教室を4月18日(土)午後2時よりクリニック内にて予定しておりましたが、

新型コロナウイルス感染拡大予防の為、中止といたします。

大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません

 

診療科目 内科 小児科 糖尿病内科
詳細情報 保険適用 健康診断 予防接種 駐車場完備 バリアフリー
住所

〒458-0036 愛知県名古屋市緑区六田1丁目324

名鉄「鳴海駅」を降りて花井交差点を右折、潮見ヶ丘交差点を右折し郵便局となり
電話 052-621-6666
院長名 岡田 源義
診療時間 午前9:00~12:00
午後4:00~7:00

休診/土曜日午後・日曜日・祝日

※毎月第3土曜日は糖尿病教室をおこなっております。 
休診 土(午後) 日(午後) 祝日
特色 ※毎月第3土曜日は糖尿病教室をおこなっております。
 4月18日(土)午後2時よりクリニック内にて予定しておりましたが、
 新型コロナウイルス感染拡大予防の為、中止といたします。
 大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。
※駐車場7台完備
ホームページ http://www.myclinic.ne.jp/okadatounyou/pc/index.html
診療時間
午前
9:00~12:00
- -
午後
4:00~7:00
- - -

 診療時間/午前9:00~12:00、午後4:00~7:00 

休診/土曜日午後・日曜日・祝日

 

駐車場7台完備

名鉄「鳴海駅」を降りて花井交差点を右折、潮見ヶ丘交差点を右折し郵便局となり

 

※毎月第3土曜日は糖尿病教室をおこなっております。

 

院長 岡田 源義

院長 岡田 源義

 

岡田内科クリニックは内科・小児科を中心として、お年よりから、お子様までに親しまれるホームドクターをめざしています。
専門領域として、糖尿病、高血圧、高脂血症等の生活習慣病の治療を中心として、名古屋市立大学病院、緑市民病院と連携をとりながら地域の医療活動に力を注ぐ所存でございます。
何とぞよろしくお願い申し上げます。

 院長
岡田 源義

 

 【院長経歴】


昭和56年
名古屋市立大学医学部卒業
昭和56年
名古屋市立大学勤務
昭和58年
厚生連員弁厚生病院勤務
昭和60年
名古屋市立大学勤務
平成 9年
厚生連知多厚生病院勤務

 

 

 【所属学会・認定など】


日本内科学会
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病学会研修指導医

当院では、皆様の『健康創造パートナー』として、皆様の健康全般に関するご支援をいたします。 
 具体的には、以下の3つの方針を重視した診療を行っております。

1.患者さんの健康状態を最も理解した医療の専門家として、長期的な関係を重視しております。 

2.医療の専門家として、専門外の疾病については、他病院・医院の専門医を迅速にご紹介いたします。 

3.患者さんにご納得のいただける治療を行えるように、じっくりとお話しをうかがったうえで、丁寧な治療説明を行っております。
 
 
待合室

待合室

治療室
治療室
血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置
眼圧計
眼圧計
血糖値測定装置
血糖値測定装置

 

 

 

 

☆257回糖尿病教室 2月15日(土)

「油を知る。」

油(脂肪)といえば、「太りそう」「体に悪そう」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに摂り過ぎれば肥満を招き、生活習慣病の原因にもなりますが、油を控え過ぎると免疫力が低下したり、肌が乾燥しやすくなったりといった悪影響もあります。様々な種類の油を知り、選んで接収することで、健康に役立てましょう!

油は脂肪酸の違いにとって分類されます。常温で固体の動物性脂肪の「脂」飽和脂肪酸と、常温で液体の植物性脂肪の「油」不飽和脂肪酸の二つに分けられます。不飽和酸はさらに細かく分類され、それぞれ健康効果に違いがあります。その中でお勧めしたい油は鯖や鰯などにふくまれるEPAやDHA、アマニ油、エゴマ油です。血中の中性脂肪を減らし、脳を活性化させ、がんを抑制する等多くの健康効果が期待されますが、意識しないと不足しがちな油なため、積極的に取りたい油です。加熱に弱い油なので生で食することをお勧めします。また1日1回は魚を食べるようにしたいものです。

そして、注意が必要な油は「参加した油」と「トランス脂肪酸」。油の酸化は油の劣化です。油は加熱によって酸化していきます。そして酸化した油は私たちの身体に悪影響を与え、動脈硬化や認知症の原因にもなります。

トランス脂肪酸は液体の油に水素添加して人工的に作られた固形の油です。代表的なものはマーガリンやショートニングです。長期的な多量摂取を続けた場合、命にかかわる病気のリスクが高くなります。トランス脂肪酸が多く含まれた食品をなるべく控えるようにしましょう。

偏りのないバランスのよい食事と接収する油の質と量を心得て、健康維持に努めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

タグ: , , , , , , , ,