登録されたマイクリニックがありません。
マイクリニックの登録は、各クリニックの詳細ページにある「マイクリニックに追加する」ボタンをクリックしてください。

名古屋市緑区みずほ歯科クリニック

みずほ歯科クリニック
マイクリニックに追加

歯科 小児歯科 矯正歯科

愛知県名古屋市緑区東神の倉3-2212

電話番号052-879-2660

基本情報

診療時間

院長の紹介

当院の紹介

院長だより

★スタッフ募集★

詳しくはクリニックまでご連絡ください。

 

診療科目 歯科 小児歯科 矯正歯科
詳細情報 保険適用 予約診療 駐車場完備 外国語対応 バリアフリー ホワイトニング
住所

〒458-0808 愛知県名古屋市緑区東神の倉3-2212

★平針運転免許試験場から車で2分
★白土南信号から北へすぐ
★「Frante白土店」より北へ徒歩10分
電話 052-879-2660
院長名 奥村 竜也
診療時間 午前9:30~12:30
午後2:30~ 7:00
◎土曜午後は2:30~6:30まで

休診/木曜日・日曜日・祝日

予約診療
駐車場完備
外国語対応
バリアフリー対応
休診 木曜日 日曜日 祝日
特色 ☆車椅子対応(バリアフリー)
☆キッズコーナーあり
ホームページ
診療時間
午前
9:30~12:30
- - -
午後
2:30~7:00
- - -

 診療時間/午前9:30~12:30、午後2:30~7:00

※土曜午後は2:30~6:30まで


休診/木曜日・日曜日・祝日

 

 

 予約診療

 駐車場完備

外国語対応

車椅子対応(バリアフリー)
 

院長 奥村竜也

院長 奥村竜也

 

お口の中の病気である虫歯と歯周病は、知らず知らずのうちに進行する病気であり、症状が進んでからでは痛みを伴い、時間も費用もかかってしまいます。又、進行した歯周病は、心臓病、脳硬塞、糖尿病、早産を引き起こす可能性があると分かってきました。全身的な健康を守る為にも早期発見と早期治療が重要になります。
当院では分かりやすい説明をし、可能な限り時間をかけて無痛で丁寧な治療を心がけ健康のサポートを致します。

 

院長 奥村竜也

 

 【略歴】

国立新潟大学歯学部卒業
愛知学院大学歯学部歯科口腔外科研究生
ウエダ歯科クリニック勤務
ウエダ歯科クリニック医局長
みずほ歯科クリニック開院

 

・神の倉清涼保育園歯科医
・弘岡秀明 歯周病コース修了
・宮下裕志 歯内療法コース修了

 

 

当院では患者さんとのコミュニケーションを大切にしており、インフォームドコンセントに基づき患者さんに納得していただいてから適切な治療を行っております。
バリアフリー施設ですので車椅子の方の治療にも対応でき、お子様連れの方にはベビーカーをそばに置いて治療を受ける事が可能です。待合室にはキッズコーナーを設けてありますので、大きなお子様は遊びながらお待ちいただけます。


 

  <院内風景>

 

『歯並びと生活習慣』

歯並びは食事ととても深い関係にあります。つまり、生活習慣も大きく影響しているのです。

特に顎骨が成長する幼少期にやわらかいものばかり食べていると、顎が発達しません。歯列におさまりきれない歯がでてきて、歯並びが悪くなるのです。

この時期に、ある程度かたいものを噛むことで顎が発達し、予防することができます。また生活習慣での「癖」も大きく影響します。「癖」とは指しゃぶりや頬杖、姿勢などです。このような日ごろの癖が原因で出っ歯や悪い歯並びになることもあります。

歯を長く持たせるためにも歯並びは重要です。歯を失う原因のほとんどが歯周病とむし歯。歯並びが悪いと、歯と歯の間に汚れが溜まりやすく、歯磨きをしてもブラシが届きにくいため、歯周病やむし歯になりやすくなります。

ですから、小さいうちから意識していくことが大切なのです。

おいしいものをたくさん食べて、健康な歯を守りましょう!

 

『歯磨きは歯ブラシだけでは不十分?』

自分に合った歯ブラシで正しい方法でしっかり磨けば、歯の表面はきれいになります。

しかし、歯と歯の間の面には、かなりの量の歯垢が残っており、虫歯や歯周病の原因になります。歯の間に残っている歯垢を歯ブラシだけで取り除くことは難しいので、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシといった歯の間を清掃する用具を使うことをオススメします。

歯間ブラシは自分に適したサイズのものを正しく使うことが大切です。歯間ブラシやデンタルフロスは、誤った使い方をすると歯肉を傷つけたり、歯肉が下がって隙間が大きくなる原因にもなります。

歯科医院で正しい使い方やサイズを尋ねてから始めましょう。また、歯垢をためないように毎食後の歯磨きとともに、殺菌効果のある洗口液を使用することもオススメします!1日数回、口の中をすすぐと良いでしょう。 

 

『虫歯になりやすいのは子どもだけ?』

大人でも、歯ぐきが下がることで、歯の根の部分が露出してくると、そこに虫歯ができやすくなります。この虫歯を「根面う蝕」といい、年をとるごとに増加する傾向があります。

根面う蝕は発見しにくく、治療が難しいため、歯を失うことにもなりかねません。根面をはじめ、つめものの周辺や矯正治療中の歯、唾液分泌の低下したお口の中(高齢者や生活習慣病の患者さんが服用している薬剤には、副作用として唾液分泌を抑制する薬剤が多くあります)など、大人も虫歯の危険があります。

虫歯が進行して歯の表面に穴があいてしまったら元には戻りません。ごく初期の虫歯ならフツ化物配合歯磨剤などのフツ化物の積極的な応用を適切なブラッシングと食事コントロールなどと組み合わせることによって、進行を停止させ、修復することができます。歯科医院でフツ化物歯面塗布もできますので、気軽にお尋ね下さい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

タグ: , , , , , , , , ,